お肉を柔らかくする方法3選 オススメしない方法も解説

お肉の知識

こんにちは!焼肉プランナーです。

スーパーでお肉を買う際、何気なく手に取ってカゴに入れる方は少なく、最も気を使って買う食材の一つと言える牛肉。

和牛を初めとした高いお肉は、何もしなくてももちろん柔らかいのですが、毎回毎回そんなに高いお肉ばかり買ってられないと言うのが現実であり、輸入牛や少し安いお肉でもなんとか美味しくする工夫をみなさん試行錯誤していると思います。

そんなみなさんに、調理の方法や、調理器具、切り方一つ工夫する知識を一つでも増やして、本来の価値よりも高いコスパでお肉料理を楽しんで頂きたいと思っています。

本記事では、焼肉歴12年の焼肉プランナーが、

家でもできるお肉の加工と、意外とやってしまいがちな失敗をご説明致します。

肉を叩いて柔らかくはNG

まず最初に、私がオススメしないのは、

包丁の背中やミートハンマー(肉たたき)などで、お肉を叩いて柔らかくする方法です。

肉たたきでの加工方法は、お肉の硬さの原因となる繊維を破壊することに目的があり、

確かに後述する方法にも、これを利用しているものもありますが、デメリットが多く発生してしまいます。

  • 1つ目の懸念が、肉の旨味成分であるドリップが溢れ出してしまうこと。
  • 2つ目が、肉がペシャンコになってしまうこと。
  • 3つ目が、ドンドンと叩くことでの作業台への負荷。業務用でなく家庭用だからこそ更に懸念されますね。
  • 4つ目が、そもそもそんなに繊維を破壊出来ていないこと。

上記のように、お肉を叩くことは多くのデメリットがあり、とんかつ屋さんなどでは割とメジャーな手法かもしれませんが、素材や用途にもよるため、一般的にお家でやるにはオススメ出来ないと言えます。

では、他にどんな方法があるのか、次項で解説して行きます。

玉ねぎで肉を柔らかくする

お肉を、すりおろした玉ねぎに漬け込む方法です。

よくある、酵素でお肉の繊維を壊さずに、柔らかくするということですね。

原理としては、お肉の硬さの原因となるタンパク質を分解して、お肉を柔らかくしているのですが、こちらは代表的なもので、パイナップルや梨、キウイなども挙げられます。

ですが、私個人的にはフルーツはそのまま食べたいですし、わざわざフルーツを買うなら、ワンランク上のお肉を買いましょう…と思ってしまいますので、もっと安価かつ家にストックをしていがちな、玉ねぎを使うのが最もオススメです。

方法としてはシンプルで、おろし金で玉ねぎをすりおろし、タッパーやジップロックでお肉を30分~1時間ほど漬け込んでおくだけです。

肉を取り出した後のすりおろし玉ねぎも、たれと一緒に加熱すれば問題なしです!

デメリットとしては、多少の時間がかかることと、悲しくもないのに涙が止まらないことです。

肉に切り目を入れる(スリット加工)

お次は、スリット加工と呼ばれる、お肉に切り目を入れる方法!

こちらは肉たたきと原理は同じで、お肉の繊維を破壊して柔らかくします。

先ほどまでの文章を良く読んでくれているそこのあなたは、

「え?肉の繊維を破壊したら、旨味成分が逃げ出すんじゃなかったの?」

と疑問を抱くと思います。

確かに一理ありますが、ハンマーで叩くよりは、溢れ出てしまうドリップの量は抑えられ、また出来る限り切れ味の良い包丁を使えば、肉自体に余計な傷をつけないこともあり、更に効果が高くなります。

酵素の漬け込みには多少の時間がかかりますが、こちらは即効性がある点がメリットと言えますね。

デメリットとしては、空気に触れる面積が広くなるため劣化が早くなる点です。そのため、切り目を入れた加工を施した場合は、当日中に食べるようにしましょう。

特に難しいカットではありませんが、ちゃんと映像で見たいという方は、以下の動画「3:42~」を参考にして頂ければと思います!

ジャカードを使って柔らかく

最後は、お肉を柔らかくすることを目的に作られた、ジャカードという調理器具を使用する方法です。

正式には、ジャカードはブランド名なので、ミートテンダライザーと言いますが、あまりにも業界一強のため、ブランドは違ってもジャカードで通じます。

ホッチキスと同じ現象ですね。その話は広げませんが。笑

ミートテンダライザーの役割は、お肉自体に何百か所と小さな穴を空けることで繊維を断ち切ることにあります。

こちらのメリットは、即効性があり、ドリップ流出の防止、空気に触れる面をほとんど変えないことにあり、まさに良いとこ取りと言えるのですが、もちろん一般家庭にはありませんので、購入しないといけないことが最大のデメリット。

しかし、一つあればずっと継続的に柔らかいお肉を食べられるようになることを考えると、家庭にも便利ですし、BBQでも大活躍出来ることは間違いなしのため、秘密兵器として持っておいて損はないと思います。

妥協して無名なメーカーのミートテンダライザーを買うと、針が折れたり、壊れたり、清掃しにくかったりと、意外と見るべきポイントが多かったりする商品なので、業務用でも使用されている以下のジャカードの方がオススメですね。

お肉を柔らかくする方法 まとめ

それでは、まとめです。

  • ミートハンマー(肉たたき)での加工はオススメしない
  • 酵素で柔らかくするなら、すりおろし玉ねぎがオススメ
  • 切り目を入れて柔らかく!切れ味の良い包丁か、ジャカードを使用しよう!

また、お家で焼肉をするために、この記事を読まれた方は、以下の記事も参考になると思います。

最後まで読んで頂き、有難う御座います。焼肉プランナーでした!

お肉の知識焼肉
シェアする
焼肉プランナーをフォローする
プロフィール

焼肉屋 店長歴12年のブロガー。
仕事と趣味で回った100店舗以上の焼肉屋での経験、体験を元に、
みなさんがより焼肉を楽しめるよう、情報発信しています。
【資格】
ワープロ検定2級/情報処理検定3級/
ファイナンシャルプランナー3級/
防火管理者/食品衛生責任者/

焼肉プランナーをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました