ホルモンとてっちゃんの違い 脂が多いのは?

お肉の知識

こんにちは!

一通り定番の焼肉を頼んだ後半、

てっちゃんを塩で頼んで、レモンを付けて食べるのが大好きな、焼肉プランナーです。

みなさん、「あのお店みたいなホルモンが食べたいな」と期待してホルモンを注文したら、

「思っていたホルモンと違う、こっちじゃない方が好きなのに…」

といった経験をしたことはありませんか?

その理由は明確!

焼肉屋でホルモンという名前で売られている部位は、主に2種類あり、

それぞれ別名もあったりして、

あなたの好きなホルモンをあなた自身が明確に知らないからです。

本記事は、そんなわかりづらいホルモンについて解説し、

ホルモンの注文に迷うことのない、焼肉ライフをお届けさせて頂きます!

スポンサーリンク

ホルモンは2種類 大腸か小腸か

先に結論から申し上げますと、

一般的に、脂が多めな方が「小腸」

歯ごたえしっかりめな方が「大腸」の、

2種類にホルモンは分かれます。

しかしながら、これはかなり詳細を省略していますので、順番に説明していきますね。

まず、ホルモンというのは内臓全般のことを指します。

小腸も大腸も、レバーもミノも、さらにはハラミまでもホルモンに含まれます。

「え?ハラミもホルモン?!」という声もあるでしょうが、今回そちらは割愛します。笑

つまり、内臓全てがホルモンなわけですが、レバーを「ホルモン」と出したり、ミノを「ホルモン」という商品名で販売することは、もちろんあり得ません。

焼肉屋で「ホルモン」という商品名として提供されるのは、小腸か大腸の2択に絞られると覚えておけば大丈夫で、今回ご説明させて頂くのはその2種類です。

一般的に、焼肉屋メニューのホルモンは、小腸を指す傾向にあり、

脂がぶりっと乗っていて、とろけるようなジューシな味わいが、小腸の特徴です。

丸っこい脂に羽根が生えているような形のものですね。

大腸よりも安価ですが、お店によってクオリティの差が大きいです。

対して、大腸は「てっちゃん」や「シマチョウ」という別名があり、皮の部分がしっかりしていて、歯ごたえがあるのが特徴です。しかし、こちらがお店によっては「ホルモン」や「上ホルモン」と出されていることが多いため、自分好みのホルモンと、注文したホルモンが違うことが、ここで起こるわけですね。

大腸は、小腸よりはやや高価になりますが、お店によって大きな差は出にくい傾向にあります。

ホルモンの脂の多さは、国産か海外産かも重要

「OK!じゃあ脂が多いのは、一般的にホルモンと呼ばれる小腸ね!」

と理解してもらえればよかったのですが…

正直、脂が多いのは?!という質問には、まだはっきり答えられておりません。

それが、先に述べた、

”お店によってクオリティの差が大きい”

部分にあります。

こっちの店では、てっちゃん(大腸)よりもホルモン(小腸)の方が脂が多い。ということもあれば、その逆もありえるのです。

ホルモン屋であれば、小腸も大腸も同じ牛から使用していることが多いですが、焼肉屋さんによっては、小腸はオーストラリア産、大腸は国産、などと別の産地のホルモンを仕入れていることがあるためです。

なので、焼肉屋さんで、脂が多めのホルモンに出会いたいのであれば素直に

「ホルモンとてっちゃん、脂が多いのはどっちですか?」

と聞くのが一番早いです。

焼肉屋さんにとっては、お客さんからされる「あるあるな質問」なので、

店長や歴の長い従業員であれば、嫌な顔されることなく返答頂けます。

ですが、一度それを聞いて区別できるようになったからと言って、次に行く違うお店で、同じ結果になるとは限らないということです。

確実に自分の好みを注文したいのであれば、やはり店員さんに聞きましょう!

そして、いちいち面倒臭い!という方には、私の経験を以下にまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

・チェーン店では脂のノリは

ホルモン  てっちゃん

・個人店では脂のノリは

ホルモン  てっちゃん

上記のように傾いている場合が多いです。

その理由としては、個人店は仕入れ先が固定されているが故、取り扱えるホルモンも産地が限定されているのに対し、チェーン店では全国の仕入れ先から、コストと質のバランスを取って選び抜かれたものを在庫いっぱいにセンターで抱えているからです。

そのため、チェーン店では、

小腸は並のホルモンとして、コスト重視でオーストラリア産などを提供し、

大腸は上のホルモンとして、コストよりも質を重視してアメリカ産など

メニュー構成上、使い分けるために、上記のような個人店との差が生まれてしまうのです。

ただし、個人店は

「ホルモン」といっても、てっちゃんを使用していることもあるのでご注意ください。これは騙すつもりは一切なく、店主の好みですね。

ちなみに、ホルモン屋と焼肉屋の違いについては、下記記事を参考に下さい。

焼肉屋とホルモン屋の違い解説 焼肉の知識

ホルモンとてっちゃんの違い まとめ

それでは、まとめです!

ホルモンとは、

  • 内臓全般を指すが、一般的には小腸で、脂のノリが良い
  • ただし、チェーン店では脂が少ないこともある。
  • 個人店の場合は、てっちゃんをホルモンと呼んでいることもあるので、ご注意を。

てっちゃん(シマチョウ)とは、

  • 大腸のことを指し、歯ごたえしっかり。
  • やや高価だが、お店によってはブレが少ない。

以上です!

あなたのお好きなホルモンはどちらでしたか?

私の記事が、あなたの焼肉ライフを充実させる手助けになれば幸いです。

※ちなみに「とんちゃん」は豚のホルモンです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました